第8回シンポジウム

2017年3月3日(金),富士通株式会社 関西システムラボラトリ

○基調講演
(1)99%メモリなアクセラレータIMAX(In Memory Accelerator eXtension)(奈良先端科学技術大学院大学 教授 中島康彦様)
(2)Machine Learning with Univa Grid Engine(Pacific Teck ワイス・ハワード様)
(3)騒音対策とCFD~HPC環境の必要性~(沐エンジニアリング 福森利明様)
(4)大規模数値解析による自動車空力音・車内騒音の予測(国立大学法人 豊橋技術科学大学 教授 飯田明由様)
(5)富士通のテクニカルコンピューティングへの取組み(富士通株式会社 藤野秋彦様)

○CAE計算環境研究会成果報告
Smart Vector プロジェクト紹介(CAE計算環境研究会 技術部会 部会長 北村俊明)